無料相談はコチラ▶︎

いいテンキだ

見方を変えたら

いつもいいテンキ

こんばんは
ひきこもり・不登校・ニート・家庭内暴力
自立支援施設 粋塾新潟校のライスです。

いいテンキとは
どんな空模様でしょうか?

昨日は寮の1人と一緒にドライブして
雪山へいってきました。

雪景色がとてもきれいで、
静かに落ち着いた感じで、
心が洗われるようでした。

雪が降っているのも幻想的で
わたしは思わず「いい天気だ」
とつぶやきました。

もう1人の人も、
「いい天気っすよね。
景色もめっちゃいいですね!」

と、喜んでくれたようでした。

雪が降るのは、
果たしていい天気なのでしょうか?

新潟は雪国で、
雪が降ると雪かきや
雪おろしが必要になります。

その面倒くささと労力を考えたら、
いい天気どころか、
天災にしか思えない気もします。

そして、きれいな景色、
雪遊び、スキー、ボードなどに
意識を向けたらなら、
きっといい天気でしょう。

晴れは清々しい、
雲は気温差が少なく過ごしやすい、
雨は作物の恵み、
雪は幻想的でキレイ、
台風は水を貯めることができる。

そう考えてみると、
いつもいいテンキなのかもしれないなー。
なんて脳天気なことを考えてました(笑)

意識を向ける箇所によって、
感じ方も、起こる出来事の意味も、
180度変わってくる。

なかなか1人だけだと、
変わった視点には気づけ無いので、

良し悪しのジャッジをせずに、
ありのまま感じてることを聞いたり、
自分の感じたことを話したり、
勉強や経験をして新たな視点を増やしたり。

そういう風に、良い面に意識を向けて、
自分にはどうしようもない事象も、
たのしんでいけたらなって思います。

人生の転機も。

今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

コメントを残す