無料相談はコチラ▶︎

昨日の敵は、今日の友

無意識に自分を傷つけ
疲弊していくか?

意識的に自分の資源を
エネルギーに活用するか?

こんばんは
ひきこもり・不登校・ニート・家庭内暴力
自立支援施設 粋塾新潟校のライスです。

みなさんは自分のことを
どれぐらい知っていますか?

一分以内に、自分のよく使う口癖を
3つ以上言うことはできますか?

人生・仕事・人間関係などにおいて、
最も優先して大切にしている価値観・基準、
その上位3つと理由を説明できますか?

わたしは残念ながら、
1年ほど前までは全く出てきませんでした。

粋塾では、
そういう自分の無意識にしていた部分を、
意識的に整理して、活用していけるような
取り組みをしています。

そういう取り組みをするように
なってからはじめて、

自分がどれだけ自分のことを知らないか?
無意識にフォースを暗黒面に向けていたか?
ということにも気づけるようになりました。

自分自体はなにも変わっていません。
ただ、見えてなかったものが、
見えるようになっただけです。

ずっと知らない無知で不器用なまま、
出来なくても誤魔化しその場をしのぎ、
器用に生きてきたことに気づきました。

はじめのほうは自分を知るたびに、
改めて自分のダメさを思い知らされ、
なんて厚顔無恥でしょうもない奴だって、
すごく惨めにおもいつらくなりました。

こんなこと書いたら、
周りにバカにされるんだろうなって感じて、
全然なにもかけませんでした。

でも、ダメなところや行動も、
実は肯定的な意図をもったものである。

そういうことを知ってから、
自己否定して自分を傷つけ、消耗し、

結局動けず、また自己嫌悪に陥り、
自己否定をし続けるという、
悪循環から抜けることができました。

自分は好ましい目的を持っていて、
単に手段が間違っていただけだった、
だからその方法を好ましいものにかえる。

そういう風に意識を変えてから、
自分は最大の敵だと思ってたのが、
味方になってくれたように感じました。

なにもないと思ってたものが、
単に無意識に無駄にしてただけで、

活用できるものが
たくさんあることに気づけました。

そう気づけると、
できない・ダメな自分というのも、
認められるようになりました。

それを認めた上で、
肯定的な意図を探ることで、
活力へと活用する流れなわけですから。

認めることは恥じゃないし、
できない、ダメな状態も
成長するための通過点にすぎない。

なかなか言葉や知識だけだと、
今までの経験にまで削ぎ落として、
分かった気になって終わり、
なかなか変わらない。

なので、実際に体験して、
繰り返し経験を積んで、感じて、

自分の中に最大の味方を
つくりあげていけるように、
日々取り組んでいきたいと思います。

昨日の敵は今日の友といいますし、
無意識に疲弊することから、意識的に
原動力へと変えていきたいと思います。

今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

Lineの無料相談もやってますので、
お気軽にご登録、ご相談ください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: S__27156531.jpg

コメントを残す