無料相談はコチラ▶︎

はじめは遊びがいい

まずいいイメージをもち

活動自体になれること

こんばんは
ひきこもり・不登校・ニート・家庭内暴力
自立支援施設 粋塾新潟校のライスです。

仕事ができる人を見ていると、
なによりも行動力があり、行動が早いです。

実際に経験してみることでしか、
身に付いていかないと分かっているのでしょう。

いきなり上手くやろうと思うと
やること自体が嫌になります。

失敗しない唯一の方法は
なにもしないこと
だからです。

そしてなかなかやることが続かず
結果的にいつまでも上手くなりません。

はじめは遊びでも、意味ないレベルでも、
まずその活動自体を脳に慣れさせる。

たのしいや充実するイメージをもつことが
長期的に成長につながってくるように思います。

わたしは経験があまりにも少ないから、
よく知らないことや始めてのことだらけ、
失敗だらけの恥だらけです。

しかし未来志向で積極的に経験を積み
3年後、5年後と成長していけるように
挑戦していこうと思います。

未来志向で考えてみると
失敗は成功の元にできるが、
なにもしないとなにも成長しないため
将来的には1番リスクが高い。

やりながら、どうやればより良くなるか?と
考えながら日々成長していこうと思います。

今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

コメントを残す