無料相談はコチラ▶︎

良かった!と誰もが言った

良い部分に意識を向ければ

悪い部分の思考は

頭の中から薄れていく

こんばんは
ひきこもり・不登校・ニート・家庭内暴力
自立支援施設 粋塾新潟校のライスです。

私は起きた出来事の良い部分をみつけよう
という風に日頃から意識をしています。

ポジティブシンキングっていうと
つらい出来事を無理矢理良く思おうとする。
思ってもいないのに良いことにする。

個人的にそんなイメージがありました。
そんな風に良くは思えないですし、
自分に嘘をつくようなことは続きません。

嫌なことはやっぱ嫌です。
その中でも、好ましい部分は0じゃない。

0~100の間で好ましい事も嫌なことも、
どっちかが0とか100ってなることは
滅多にないことだと思います。

好き:嫌い=30:70で嫌いなこと
好き:嫌い=70:30で嫌いなこと
っていう風に捉えてるのかもしれない。

自分が忘れてたり、気づけてないだけで、
嫌いな出来事の中にも好ましい部分があります。

だからこそ、意識的に好ましい部分を見ることで
自分への活力にもつながるのかなって思います。

その出来事が悪かろうが嫌だろうが、
学びに変えられる部分、好ましい部分、
他に活かせる部分を見つけようとする。

自分の真逆が正しいと仮定してみる姿勢が、
物事をありのまま受け止めやすくなるのかな?

っておもうようになりました。

今日はスーパーへ買い出しにいきました。
その際にちょっとしたトラブルがありました。

買い物終わったあとにレシートを確認しました。
すると、割引されてるはずの商品が
通常価格の値段になっていました。

「あれ?おかしいな?」と思い、
レジの列に並び直して確認してみました。

すると、どうやら割引対象は昨日の物で
うっかり外し忘れていたとのことでした。

結局その商品は返品させてもらいました。

はじめは、しっかりやってほしいなーとか、
余計に時間や手間がかかったとかで、
ついてないなーって思いました。

それで気分的にイマイチだったので、
いや、ちょっと待てよ?って思いました。

「この出来事が良かったとしたら
その理由はなんだろうか?」

そのように考えてみました。
すると、大切なことに気づけました。

わたしは面と向かって
なにかを主張するのが苦手だから
いい練習台になったかも!とか。

人間誰しもがまちがえるものだから、
一方的に任せきりにするのではなく、

自分からも確認をするようにして協力し、
身の回りを円滑にするのは大切だとか。

もし、その出来事が良かったとしたら?」
と仮定して考えることで、その理由がみつかり、
良い出来事だったと思えるようになりました。

人間の脳はグーグル検索みたいに、
質問に対しての答えを探して見つけてきます。

そんな風に投げかけられる質問に対して
いつもそれに対する答えを出そうとします。

1番多い質問は、
自分が自身に対してする問いですね。

ついてないって思えば、
ついてない理由やほかに身の回りにある
ついてないことばかりが見つかります。

逆に良かった!って思えば、
良かった理由や、ほかに身の回りにある
良かったことばかりが見つかります。

ですから、自分自身に対して、
幸せになりそうな質問をすることが大切です。

これからの人生を
ついてないって思う人生か?
良かった!って思える人生か?

あなたはどちらで生きたいですか?
それは自分で決められることです。

わたしは、良かった!って思える人生を
生きていきたいって思うので、

目の前の事に良い部分は必ずあると仮定する。
良かった部分を見つけて伝える、
言葉にして理由を考える。

これからそういうことを
より意識して生きていこうと思います。

今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

コメントを残す