無料相談はコチラ▶︎

人が動く心得

相手の重心(基準)を
不安定にすること

こんばんは
ひきこもり・不登校・ニート・家庭内暴力
自立支援施設 粋塾新潟校のライスです。

新潟はだいぶ寒くなってきて、今週は
最高気温が1桁になる日が多い予報です。

さて、先日テレビの特番で
柔道を通した人材育成
みたいなのがやっていました。

相手を動かすには、
まず相手の重心を不安定にすること

そうすることで、
少ない力で投げられるそうです。

それで、思いました。

ある意味、
ひきこもりって安定してるよね
って

これ以上傷つくのは耐えられないって
余裕のない状態続きだった。


それでも、なんとか自分を保とうと
必死で耐えていたのかもしれない。

私の場合10年以上まともに人と関わらず、
新しいことも特にやりませんでした。

ほぼ現状維持or後退だったので
ある意味、安定してました。

じゃぁ、一体何を重心として
安定していたんだろうか?

そういう風に考えてみた時、
自分の場合はこんな三本柱がありました。

①不確実なことは避ける

②面倒な事はやりすごす

③なにも受け入れない

①不確実なことは避ける


きっと良いことにはならないから、
悪くなりそうなことは避ける。

②面倒事はやり過ごす


自分がなにもやらなくても、
なんだかんだで当分はラクできる。

③なにも受け入れない


どうしようもない自分を認めたくなくて
すべて分からないことにしておく。

そんな安定を崩した上でも大丈夫って、
安心を感じられるようになっていけば、

だいぶ動きやすくなるのかな
そんな風に思います。

圧力的にその平穏を崩そうとすると
余計に安定を強化しちゃいかねませんが。

本人にとっての利益を感じるように
重心(基準)を揺らしていけるか?

そこが大切なんじゃないかな~。
なんて妄想してました。

言うは易く行うは難しで、
私にはまだ全然できないんですけど(苦)

身体も心もつながってるんだろうね。
できることからあえて
不安定にチャレンジしてみよう

今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

コメントを残す