無料相談はコチラ▶︎

衝撃的な優しさ

おはようございます。

ひきこもり・ニート・不登校・家庭内暴力自立支援施設 粋塾新潟校の渡辺です。

僕はもともと医療人なので、献血というものがすごく身近にありました。

今で26回献血しています。

専門学生の頃、生物学の先生が『タバコ吸ってる人は、献血して血を入れ替えた方がいい』と授業中に言ってて、一石二鳥ということでやり始めた献血です。

つい最近、血液が足りないというメールが献血センターから届き、タバコを吸う研修生たちを誘ってみました。

そしたら、ある研修生がこう言いました。

タバコで汚れた血を

誰かにあげるんですか?

ん!?えっ!?はっ!?

もう衝撃です!

僕は医療人でしたから、むしろ疑わなかったところなのかもしれません。

でも、率直に

どんだけ優しいんだ

と思いました。

そこまで考えることが出来るってすごいなって思いました。

でも逆に、とことん優しいからこそ、生きにくくなってしまうのかなとも思いました。

彼らの優しさは、この先きっと同じように悩む誰かを救うと思います!

なんですが、今は、その優しさを自分に向けてあげて欲しいなと思います。

自分を楽しませる知恵

自分を愛す、愛

人と人との関わり

そして、勇気

これらをどう伝えていくか、日々考え、模索しています。

とりあえず、研修生たちと献血に行ってこようと思います!

コメントを残す