無料相談はコチラ▶︎

笑う人と笑わない人

全てのものに意味も意義もある

その良さを信じられるかどうか

こんばんは
ひきこもり・不登校・ニート・家庭内暴力
自立支援施設 粋塾新潟校のライスです。

お笑い番組は好きですか?
わたしはあまり見ません。

なぜなら、あまり面白くないからです。
しかし本当にお笑いは面白くないのでしょうか?

そんなことはないはずです。
笑わせようとする人がいて、
笑っている人がいるのだから。

その違いがなにかというと、
良さに気づけてるか?気づけていないか?
良さを信じているか?信じていないか?

ではないかと思います。

なにごとに置いても、
良い部分とそうでない部分があります。

この場合の良いというのは、
一般的や常識的に良いというのではなく、

自分に合うか、合わないか?
好ましく感じるか?感じないか?

と定義します。

つまるところ、
すべてのものには
初めから意味も意義もあって、

あとはそれの自分に合う所、
好ましく感じる部分を見つけ出そうとし、
信じられるまで努力することができるか?

そういう風な考え方もある。
そのように思うようになりました。

全部を受け入れようとはしないですが、
自分の信じる人や、好ましく感じる事であれば

その意味をわかろうと行動し、
わかるまで努力し続けようと思います。

今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

コメントを残す