無料相談はコチラ▶︎

偽善者であれ

心が豊かだから
感謝するのか

感謝するから
心が豊かなのか

こんばんは
ひきこもり・不登校・ニート・家庭内暴力
自立支援施設 粋塾新潟校のライスです。

昨晩、とある人が
「フレンチトーストつくるんですけど
ライスさんも食べますか?」

なんて声かけしてくれたので、
「ありがとう!」と美味しくいただき
温かい気持ちになりました。

何気ないことかもしれませんが、
おもいやりをちゃんと形にして伝えるのは
すご~く大切だなって思いました。

さて、残念なお知らせですが、
わたしには思いやりの欠片もありません。

しかしながら、身近な人や親切な人を
支えたい・応援したいという考えはあります。

ただ、「思いやりをもとう」
そのように待っていても、
その日がくることはきっとないでしょう。

なにかの本で印象に残った文があります。

愛とは、おもいやりとは、
想いではなく、動詞である

自分に愛がないと思うのであれば、
愛があると思う行動をすることだ。

大切に思えないのであれば、
大切にする行動をすることだ。

ココロに行動は中々ついてこないが、
行動をすると感情はついてきやすい。

強い行動は、想いに結びつき
強い想いは、次の行動に結びつく

ようするに、その成長の好循環を
「自分はどこから始めやすいか?」
それを知ることが大切ということです。

わたしの場合は、
とにかく形から、行動から始めるのが
良い循環が始まりやすいようです。

無いから、できないのではなく、
まだやってないから、無いのだ。

はじめからココロが無いから、
気持ちがないからできない。
っていってたら何も始まらない。

気持ちは無いけど、好ましい状態をイメージし
言葉や行動を意識してやり続けることで
いまの自分より好みの自分になれる。

ココロや考えなどあり方を
変えることはとかく難しいが

言葉や行動などやり方を
変えることは比較的できる。

ココロのあり方を求めて停滞するより
ハリボテでいいから言葉と行動を変えてみよう。

気持ちが無くても、偽善でも、ヘタクソでも、
まず好ましい状態になりきってやろう。

やらない善者より、やる偽善者で。

なりきろうと工夫してやり続ければ、
自ずと好ましい状態に近づくはずだから。

今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

コメントを残す