無料相談はコチラ▶︎

誕生日に感謝を

素晴らしい可能性は

人と人の間に生まれる

こんばんは
ひきこもり・不登校・ニート・家庭内暴力
自立支援施設 粋塾新潟校のライスです。

わたしは昨日の2/1が誕生日でした。
しかし、嬉しさというのはありませんでした。

昔は、年相応という言葉がありますが、
それなりの経験を重ねてない自覚があるだけに、
年齢が上がるのが嫌でした。

自分は変わっていなくとも、
同年代と比べて相対的に劣っていく
年老いて劣化していく感覚がありました。

また、年齢と共に、要求される、
期待されるハードルが上がることに、

ついていけなくて、失望されるのが嫌で、
いき苦しさも感じていました。

石垣島の自立施設で生活をしていたときに
尊敬する方から誕生日について
こんな話を聞きました。

「誕生日って生まれた日を
祝うだけではなくて、

産んで、育てて、支えてくれたことに
ありがとうって感謝する日でもあるだよ」

誕生日っていうと、
なにかしてもらって、

なにかがあって当たり前、
という思考になってる部分が多くありました。

同じ事象があったとしても、2つの見方、
そして行動の仕方があるんだと、
痛感させられました。

わたしは何かしてもらう、
なりゆきに任せるという、
支えてもらう側の考え方がほとんどでした。

意識的に支える側の考えを増やしたほうが
バランスが取れて、人とほどよい良好な関係を
築きやすいのかなって思いました。

母親を初め、支える側の考えが強いと、
逆になにかしなきゃ、こうしなきゃ、
という責任感が強いのかもしれませんね。

いまでも自分の誕生日に
うれしさというのはありません。

でも、こんな自分でも、
お腹を痛めて産んでくれて、

根気強くずっと支えてくれて、
頑張っても褒められず、
誰からも認められることもなく、

文句や憎まれ口ばっかり言われる中でも、
ひきこもってロクになにもしない中でも、

信じて支えて、応援して続けてくれた母親。
家族・親戚にとても感謝をしています。

そして、私と関わっても
なんのメリットもないどころか、

面倒くさそうで、リスクでしかなく、
デメリットしかなさそうな私でも、

出会って、温かく、
親切に関わってくださった方々に、
ありがとうを伝えたいです。

そんな皆さんの関わりと支えのおかげで
いまの自分があるんだなって
しみじみとかみしめていました。

他力本願じゃないですけど、可能性って
人の人の間に生まれるのかなって思います。

勿論、可能性を可能に変えるには、
人の言うことを聞く素直さと、
まずやってみる行動が必要になってきます。

なかなか自分ひとりでは
大切な行動をする前に、
気づけるチャンスすらなかったりします。

これまですぎたことは仕方ない。
これからはどんな自分でありたいか?
そして、今をどう生きるのかが肝心

面倒で疲れる部分が多かったとしても、
幸せに繋がる大切な部分もある。

まずそれを1番近くの他人である自分の
素直な感情や考えを認めて受け止め、
大切にしていきたいなーって思います。

そして、自分も、
身近な人達の支えとなれるように

自分が成長・行動することに責任をもち、
よりチカラになれるよう関わっていこう。
そう改めて思いました。

改めて、こんな自分でも、
出会って、支えてくださった方々
ありがとうございます。

未熟でいたらないとこばかりですが、
これからもよろしくおねがいします。

今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

コメントを残す