無料相談はコチラ▶︎

新解釈:習うより慣れろ

頑張るよりも前に

まず、親しむこと

こんばんは
ひきこもり・不登校・ニート・家庭内暴力
自立支援施設 粋塾新潟校のライスです。

習うより慣れろという言葉があります。
わたしの解釈でざっくりと説明すると、

人に知識として教わるよりも、
実際に自分で経験した方が成長する。

というような意味だったと思います。

とても素晴らしい言葉ですね。
そこにあえて、異なる解釈をしてみました。

習う=スキルを身に着けようと頑張る。
成長して意味あるものにしようとする。

慣れる=自分の身近なものにして親しむ。
ポジティブなイメージをもつこと。

つまるところ、

いきなり頑張ろうとしたり、
意味あるものにしようとするより、

まず身近に感じるように親しむこと。
そして、良いイメージを持つことが大切。

というような考え方です。

特にこれが正しいとかっていう話ではありません。
ただ、現代の若者が成長しやすい方法として、
適していることが多いのではないか?と思います。

努力って言うと、
つらく、嫌なことを我慢して
耐え続けていくこと。

以前のわたしは
そんな感じのイメージを持っていました。

そういう風に努力させられるのが嫌なので
初めから何もしたくありませんでした。

そして、今は、
こんな風に考えています。

自分がたのしめるように創意工夫したり、
嫌にならないための仕組みをつくること。

そういうのも努力って
いうんじゃないかなーって思います。

嫌なことを我慢して耐えるって努力だと
なかなかやろうって思えないけど、

たのしめることを仕組み化していく、
得意なことで貢献できる環境を整えていく。
っていう感じの努力だと、

長期的に継続しやすいと思いますし、
意欲的に取り組めやすいでしょうから、
結果的に大きく成長できるように思います。

好きこそものの上手なれって
言葉もありますし。

はじめの段階として、まず、
慣れる・親しむ・楽しむ。

そしてポジティブなイメージや
関係性をつくっていく。

そこから始めて広げていったほうが
可能性が広がりやすいように思います。

仕事できる人や、強い人の基準から見たら
「なに甘えたことを、バカなことやってんだ」

そんな風に思われるかもしれませんが、
急がば回れで、とても大切なことだと
個人的にはそう思っています。

どちらが正しくて、間違いだとか
どちらが良くて、悪いだとかは
そんなことはどうでもよいことです。

大切なのは、生き抜いて幸せになるために、
【自分に合うのはことはなにか】です。

イチロー選手がいくら素晴らしいからといって、
みんなイチロー打法にするのが
最適なわけではありません。

現状を踏まえた上で、
好ましい状態にもっていくにはどうしたらいいか?
ってのを一緒に試行錯誤しながら探してみて、

常識的な正解ではなく、1人1人にあった最適を
探して身につけていけたらと思います。

今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

コメントを残す