無料相談はコチラ▶︎

他人のふり見て・・・

自分の事はよく見えないが

他人の事はよく見えるもの

こんばんは
ひきこもり・不登校・ニート・家庭内暴力
自立支援施設 粋塾新潟校のライスです。

自分の振る舞いによって
周りがどんな印象を受けるか?

そういうのはしばしば、現実離れをして
必要以上にネガティブになったり、
楽観視しすぎて見落とすことがあります。

他人の振る舞いを見ていると、
自分はどうだろうか?というのが
よく見える気がしてます。

自分がよくやりそうなこと


自分が違和感を覚えること


自分はやってないこと

私はそこで他人のいいところと
自分の悪いところを比較して

自分の足りない点を再確認し
よく落ち込みます。

やる気が出ないのは、

やった方がいいことを


山積みに残しておくからだ

とりあえず、重要なことは1~3までに絞り
あとは棚上げして当分しらない事にしておく。

絞った重要なことが身に付いてきたら
その次のステップへいく。

二兎を追う者は一兎をも得ず。
まず、1番重要なことだけ

とにかくやり始めよう。

あれこれ沢山のことを気にしすぎず、
他人のフリ見ても、我がフリ治さず。

苦しくなるだけの理想を追うより、


至らない過去のままで終えるより、


地道にプラスワンを積み重ねよう。

今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

コメントを残す